2階リビングの暑さ対策

2階リビングの暑さ対策

狭小住宅の場合、リビングが2階にある家は
多いと思います

2階リビングのメリットは日当たりがいいことと
リビングにいても一目が気にならないで
過ごせることです

スポンサーリンク



我が家もリビングが2階にありますが
2階リビングのデメリットとして夏場は暑いです

住宅会社の営業のかたが2階リビングは暑いので
暑さ対策として遮熱シートを天井に貼ることをサービスしますね
と言われました

その遮熱シートはデュポンのタイベックシルバーというものです

シート一枚を天井にはることで正直どれほどの効果があるかは
住んでみても分かりにくいところですが
1階に比べるとやっぱり2階のほうが暑いです

いくら高気密高断熱がすすんでいる今の住宅とはいえ
冷暖房なしでは過ごせません

これから新築を考えている方は
2階をリビングにする場合は遮熱対策をしておいたほうがいいです

スポンサーリンク



遮熱対策のひとつとして西日対策が大事です
西日が入る窓はそれほど大きくない窓を使う方が
2階リビングの場合はよさそうです

またこれは冬の結露対策にも関連しますが
今や複層ガラスは当たり前の時代なので
Low-Eガラスを使った複層ガラスの窓にしたり
室内のサッシを熱伝導率が高いアルミサッシにするのではなく
樹脂サッシにすることで外気の影響を受けにくくなるので
我が家はローコスト住宅だけど
そこはお金をかければ良かったかなと後悔しています

またいくら室内が暑くても窓をあけていた時に
風がとおり抜けできるような窓の間取り設計にすれば
体感温度が違ったと思います

間取りを考える際に風の抜け具合は場所によって違うと思うし
これは素人だとわからないと思うので
住宅会社の方に聞いてみることをオススメします

我が家の場合はそのへんの提案はありませんでした

もう新築してしまったかたは
西日がはいる窓に遮熱シートをはったり
冷房をつけている場合は冷房の効率をあげるために
カーテンを閉めて冷たい空気を逃がさないようにしたいと思います

狭小住宅のブログが見れます


マイホームを建てた方のブログが見れます


インテリア、雑貨についてのブログがたくさん見れます


合わせて読みたい住宅ブログ
新築の玄関タイルの色選び
新築注文住宅で失敗したこと 窓の大きさや位置
新築注文住宅、郵便ポストの取付場所の後悔

カテゴリ :対策 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫