遮光なしカーテンを遮光付カーテンにするには

遮光なしカーテンを遮光付カーテンにするには

新築する時にカーテンを購入すると思いますが
カーテン選びをおしゃれでデザイン重視にした場合
遮光なしカーテンの場合があると思います

PR


遮光があるほうがいいけれど遮光カーテンでない場合に
せっかく気に入ったカーテンをあきらめないといけないなんて
さみしいですよね

そんな場合はカーテンの裏地を後付けすることで
お気に入りのカーテンを遮光カーテンにすることができます

わが家はたまたま気に入ったカーテンが遮光カーテンでしたので
遮光カーテンにする目的ではありませんでしたが
裏地をつけてカーテンを二重にすることで
節電対策のために購入しました

実家暮らしの時に北向きの子供部屋で
すごく寒かったので今回購入したようなカーテンの裏地をつけて
寒さ対策をした覚えがあったので同じような商品を見つけたのが
購入のきっかけです

urajikarten2.jpg

取り付け方は今、使っているカーテンの裏側に
カーテンのフックで一緒に取り付けられます

まず購入したカーテンの裏地の穴にフックをいれて
今使っているカーテンの裏側にフックをさしこむだけと簡単です

urajitukikarten2.jpg

カーテンの裾は切りっぱなしになっていますが
ほどけてくることはなさそうです

kartenurajisuso2.jpg

カーテンを開け閉めするたびに
取り付けた裏地が落ちてくることもないですし
二重にすることで節電効果が少しはありそうです

購入した裏地カーテンはこれです

1級遮光後付カーテン・シャディング(後付裏地) [幅100×丈133cm] 1枚


感想(50件)



わが家はベージュを選びましたが
他にもカラーバリエーションがありました

私が購入した裏地カーテンはサイズが限られているので
サイズ展開が豊富な遮光・遮熱カーテン裏地を見つけました



PR



ブログを読み終わったら是非、読みましたよ~というしるしに
クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)



その他の記事
子供部屋の窓とカーテン
ミラーレースカーテンの効果
縦すべり出し窓のメリット、デメリット
カテゴリ :カーテン トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫