住宅を建てる時に失敗しない階段の種類

住宅を建てる時に失敗しない階段の種類

住宅を建てる時に
失敗しない間取りにする為に
建築前にいろいろと考えると思いますが
階段の種類はどんな階段にしようか
考える方は少ないと思います

PR



でも住宅を建てる上で意外と階段も大事だと
家を建てた後に改めて感じることがあります

わが家の階段の種類はL字で
1階の上り3~5段目が踊り場になっているのですが
その踊り場の形が下の写真のように
三角形になっています

kaidanshurui2.jpg

階段を上るときは気を付けているのですが
下りる時は手すり側によって下りなかった時に
三角形の部分で足を踏み外しておしりから落ちて
痛い目にあってしまいました

住宅内での事故で階段も上位にランクインすることが
多いと言われていますので
階段は気を付けないといけないなと改めて感じました

またわが家は2階リビングなので
家具や家電を新しく購入した時は運搬しないといけませんが
運ぶ時に踊り場の部分が運びづらく
壁にぶつからないようにいつも慎重に運んでいます

いっそうのこと直階段のほうが運びやすかったと
思うことが多々あります

また安全面から考えてみても直階段のほうが
意外と安全のようです

もし直階段にした場合は
家の間取りも変わってきますが
間取りを考える時に階段中心では
考えていなかったなと思いました

平屋でない限り、家に階段は必ずつけないといけないので
家を建てる時は間取りだけでなく
階段の種類もどれが一番安全な階段か
検討することをおすすめします

PR



読み終わったら是非、読みましたよ~というしるしに
クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)



その他の記事
お掃除しやすいキッチンの排水プレート
家にあったら便利な来客用コート掛け
ローコスト住宅でもこだわったことのまとめ
カテゴリ :階段 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫