ピンク色のインテリアを上手に取り入れるには

ピンク色のインテリアを上手に取り入れるには

家を建てる時に夫がそれほどインテリアに興味がなかったとしても
奥さんのインテリアの趣味を全部取り入れるのは
夫がかわいそうかなと思い、わが家は寝室は夫好みのインテリアにしています

PR


それ以外はというと私好みのインテリアにしているのですが
ナチュラルカントリーが好きだけど
色はピンク色も好き、というわけで
わが家は適度にピンク色を取り入れた
インテリアになっています

PR


例えば、システムキッチンの扉の色はこんなピンク色です

sisutemukittincolor2.jpg

その他にインテリアとしてピンク色を取り入れているところは
洗面所の扉の色、トイレの色、ユニットバスの壁一面、浴槽
洗面脱衣室のクッションフロアの色のみです

ピンク色のインテリアといっても
色の濃淡や色のトーンによっても
見る人の印象が変わってくると思いますが
全て薄いピンク、ベビーピンク色です

この色を見ていると癒されるんですよね

実際に薄いピンクはやさしい気持ちになったり
女性ホルモンをアップして恋愛運をあげてくれる色と言われていますよね

とはいっても、全てをピンク色のインテリアにしているわけではなく
カーテンや壁紙など大きい面積を占める部分は
ピンク色のインテリアにはしていないので
男の人でもそれほど苦痛にはならないかなと思います

実際に夫もこれくらいならかわいくなりすぎず許容範囲のようで
全然気にならないようです

ピンク色のインテリアを上手に取り入れるには
部分使いで適度に使って
女子力アップさせたインテリアコーディネートに
したいなと思います

ブログを読み終わったら是非、読みましたよ~というしるしに
クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)



関連記事
中身が見えないフィッツ収納ケースを使った感想
わが家の衣装ケースのズボン収納方法
100均よりも滑り止め下駄箱シートがおすすめ
カテゴリ :インテリア トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫