住宅購入時に手元に残す金額はいくら?

住宅購入時に手元に残す金額はいくら?

住宅購入時に頭金を多く出した場合は
住宅ローンの返済金額が少なくなりますが
あまりにも頭金を多くだしすぎると
手元に残す金額が
少なくなりすぎてしまうのでそれも心配ですよね

そこで住宅購入時に手元に残す金額は
いくらくらい残したのかわが家の場合を
紹介したいと思います

PR


わが家の場合、手元に残した金額は
ズバリ200万くらいでした

家を購入後に夫が転職を希望していたので
それくらいはあったほうが安心だと思ったからです

そして実際に本当に家を購入してから
旦那は転職したのですがその転職期間中は
私の派遣のお仕事だけでしたので
当然、生活費は赤字でした

なのでこれくらいの金額を残しておいて
よかったと思うのが本音です

例え転職しなかったとしても
病気になるかもしれないし、会社からリストラされるかもしれないし
将来のことは誰も予測できないので
ある程度、手元に残しておくことで
心に余裕がもてると思います

一般的には生活費の半年から1年くらいは
最低限、手元に残しておいたほうがいいようですね


PR



ブログを読み終わりましたら読み終わりましたよ~の印に
どれかひとつクリックしていただけると嬉しいです


その他の記事
ローコスト住宅に実際に住んで思うデメリットとは
住宅ローン繰り上げ返済のわが家の考え方
新築時に住宅ローンで失敗しない為のわが家の実例
カテゴリ :お金 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫