土地探し 前面道路4m道路の場合

土地探し 前面道路4m道路の場合

土地探しで気を付けなければならないことは
土地に接する道路、前面道路です

建築基準法で幅4m以上の道路に
2m以上接していなければ
基本的に家を建てることはできません

PR


幅4m未満の土地の場合はセットバックといって
道路幅が4mになるように建築しなければなりません

前面道路が4m道路と6m道路の土地の場合
6m道路のほうが価値が高いので価格が高くなっているかと思います

私たちの場合、土地探しで本当は前面道路が
6m道路の土地の方が良かったのですが
できるだけ土地の金額を安くしたかったのと
たまたま購入したいと思っていた場所の土地が4m道路だった為
前面道路が4m道路の土地を購入することになりました

前面道路が4m道路の土地を購入した場合
気になることが車庫入れと車の問題です

よくあるスーパーの駐車場の間口が2.5m奥行き5mと言われているので
軽自動車か普通車など自分たちが乗る車にもよるかと思いますが
間口が広いほうが車の出し入れがしやすいと思います

前面道路4mのメリットといえば
価格の交渉がしやすいということだと思います
実際に私たちは売買価格から200万円値引きしてもらいました

4m道路の土地に住宅を建ててみての感想は
道路幅4mと6mの土地に実際に住んでみた感想をご覧ください

その他の住宅関連記事
住宅を購入するタイミング、時期
新築注文住宅をどの会社で契約するかの判断基準

参考になる狭小住宅、一戸建てブログがたくさんあります



カテゴリ :土地探し、土地購入 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫