間取りで水まわりの配置はまとめたほうがいい?

間取りで水まわりの配置はまとめたほうがいい?

家を建てた後も
わが家の敷地で建てた場合、どうすれば
住みやすく一番いい間取りなのかを考える時があります

それは老後になった時にお金があったら
もしかしたら家を建て替える時がくるかもしれないという
夢があるからかもしれません

そこで新築する時の間取りを考える際に
キッチン、お風呂、洗面、トイレなどの水まわりは
まとめたほうがいいのかどうかを考えてみました


PR


昔、住宅展示場でお仕事をしていた時に
お客さんに提案する間取りを見ると
キッチンの隣に洗面、お風呂と水回りをつなげた
間取りが多かったです

それは水回りをまとめることで
配管の長さに関係してくるので
コスト面を考えてのようでしたが
お客さんにとっては水回りをまとめた間取りは
果たして本当に便利で使いやすい間取りだったのかなと
今になって思います

新築したわが家の間取りはというと
2階がLDKで1階がお風呂、洗面と離れています

トイレは1階と2階それぞれにつくりました

実際に家に住んでみるとお料理をしながら
洗濯をすることはほとんどないですし
もしあったとしても洗濯機が洗濯してくれるので
そんなに行き来する必要がないので
別に隣同士の間取りにしなくても不便ではないと思いました

お風呂、洗面脱衣室とキッチンが1階と2階で離れているとはいえ
方角的にはわりと近い位置にあるので
そういう意味では配管をまとめることで
コスト削減になっているのかと思います

わが家は敷地の都合上、間口がそれほど広くはないので
キッチンと洗面、お風呂をつなげた間取りは難しかったですが
もし広い敷地だったとしても無理に水まわりをまとめた
間取りにはしていなかったと思います

家を建てる前は家を建ててから家の間取りについて
考えることってなさそうかなと思っていましたが
旦那も私もけっこう考えることが多いです(*^_^*)

PR


読み終わりましたよの印に下記クリックよろしくお願いします


合わせて読みたい住宅ブログ
新築の玄関タイルの色選び
新築注文住宅で失敗したこと 窓の大きさや位置
壁に大きな穴をあけずにインテリアを飾るには
カテゴリ :間取り トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫