ローコスト住宅を建てる時に大事な予算のこと

ローコスト住宅を建てる時に大事な予算のこと

わが家は新築注文住宅を建てました

家を建てる前までは中古住宅や新築建売住宅を
何年も見て検討していたのですが
なかなか思っていた場所の土地ではなかったり
予算が見合わなかったりで
保留にしてきましたがそれを保留にしてきたことで
家の頭金が貯蓄できたし、交通の便がいい土地を見つけたので
家を建てた後に思うことは保留にしてきて良かったと思います


PR


わが家の建物はローコスト住宅ですので
家賃並みの価格で住宅ローンを返済しています

これは土地代金を全額現金払いにしたことも
関係してくると思うのですがローコストの建物の代金のみ住宅ローンを
組んでいるので家賃並みの価格です

もしも自分たちが今住んでいる土地で同じ広さを求めて
駐車場代を含めてアパートで新築だとしたら
けっこうな金額になるなと思います

それを考えるとローコスト住宅だけれども
建物はいずれ補修するなりしてメンテする費用はかかるし
この先何十年住むかわからないけれど
土地は残るので資産価値を考えたらよかったのかなと思います

建物はローコスト住宅だけど同じローコストメーカーでも
商品のグレードによって標準仕様や構造の種類が異なる住宅会社ってありますよね

わが家はローコストメーカーがだしている商品の中で
一番低いグレードにしましたが
もしこれが耐震性能が高いグレードが高い商品を選んだ場合に
住み心地はどう変わっていたのかなと思う時があります

それは実際に家に住んでみて1階と2階の温度差があったり
窓が結露しているなどの構造的部分で不満があるからかもしれません

家を建てた後に契約した工務店のホームページを
たまに見ているのですが
同じローコストメーカーでもグレードが高い商品にした場合
わが家と200万もの差がありました

この最初にかかるイニシャルコストの200万を大きいと思うか
それとも一生住む家だから
構造部分をよくして冷暖房費の節約ができたりと
ランニングコストを考えたうえでのトータル面を考えると
この差額は大きくないと考えるか人それぞれだと思います

家を建てた後に旦那とよく話しているのですが
その差額をだしてまで快適に過ごせるかどうかは
実際に家に住んだ後に住み比べてみないと本当のところは
わからないよねなんて話しています



PR



ブログを読み終わりましたら読み終わりましたよ~の印に
どれかひとつクリックしていただけると嬉しいです


その他の記事
新築後のフローリングに簡単ワックスがけ
子供がいる家のフローリングの床に敷くもの
椅子のクッションカバーでオススメの商品
カテゴリ :家づくり トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫