新築一戸建てを購入した後に中古住宅を見学

新築一戸建てを購入した後に中古住宅を見学

家を建てた後に旦那と家のわりと近くにある
中古一戸建ての見学会をしていたのでふらりと見てきました


PR


その中古住宅は立地は大通りに面していて
日当たりもよく鉄骨3階建てで1階が駐車場になっていて
屋上もあり、敷地は20坪弱と狭いながらも
生活をするには便利な場所なので立地面では
とてもいい場所でした

そこは築年数30年くらいで全部リフォームして
設備も新しいものに全て変えて鉄骨造りだからなのか
売り出していた価格はローコストの新築住宅のわが家よりも
高い金額でした

設備は新しいものに全て変えて
きれいにリフォームされていましたが
窓枠やサッシだけはそのままだったので
中古住宅という感じでした

それでも立地が良かったせいか売り出しをしてから
2週間以内ですぐに売れてしまいました

そういえば中古住宅を検討していた時期に
売れる中古物件はあっという間に売れるので
契約を早く急いだほうがいいですよと言われたのを思い出しました

あの時は気に入った中古住宅ではなかったので
営業トークくらいだろうと思っていましたが
すぐに決まってしまう物件も本当にあるんだなと思いました

以前、売地の販売の他に中古住宅も販売している
不動産やの事務をしていた私ですが
中古住宅で立地が悪いと1年以上たっても売れず
価格を下げてもなかなか売れない中古住宅がありましたが
やっぱり中古住宅を購入するなら立地がいい条件なのかなと思いました

わが家は土地がなかったので土地を購入して
建物はローコスト住宅ですが新築一戸建てを建てましたが
建物の価値はどんどん下がるけれど
土地の価値は変わらないので
何十年後かに例えば住み替えたいとなった時に
売れるであろう場所をある程度想定して購入しました

将来、ずっとこの家に住み続けるかもしれないし
子供が結婚してこの場所で建て替えるかもしれないし
子供が遠くにお嫁にいくかもしれない
そしたらもしかしたら私たちが違う場所に住んでいるかもしれないし
それは先のことなのでどうなるかわからないですが
資産価値を考えた時にとりあえず売れそうな場所を選びました

欲を言えば大通りに面していて
もう少し坪数が広かったら
資産価値が高くていいかなとは思いますが
そうすると購入時に価格も上がってしまうので
わが家は住宅ローン貧乏にはなりたくなかったので
身の丈にあったローコストながらも
新築一戸建てを選んでよかったのかなと思います



PR



ブログを読み終わりましたら読み終わりましたよ~の印に
どれかひとつクリックしていただけると嬉しいです


その他の記事
住宅を購入するタイミング、時期
土地探し、土地購入(我が家の場合)
土地探し 前面道路4m道路の場合
カテゴリ :家づくり トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫