建築中の写真撮影/失敗後悔しない家づくり

建築中の写真撮影/失敗後悔しない家づくり

建築中の現場の写真撮影は
工程ごとにまめに撮影しておいたほうがいいです

家を建てていく工程はとても楽しみなものです

建築中は今日はどこまですすんだかなと
旦那も私も毎日楽しみにしていました
2、3日おきくらいに
建築中の現場を見に行っていたので
そのたびに建築中の写真撮影をしていました

我が家は旦那目線と私目線と写真の撮り方が違うので
二人で交互に写真撮影していました


PR



ほとんどの人が一生に一度か多くても二度の新築住宅なのですから
建築中の現場写真をたくさん撮っておくことで
後で見返した時にいい思い出になると思います

また建築中の現場の写真をとっておくことで
万が一欠陥住宅となった場合に証拠写真として残しておくことができます

特に基礎や柱などの構造的な部分は
後で見えなくなってしまう部分なので是非撮影しておきましょう

私たちの場合ですが構造的な部分は
間柱が明らかに曲がっているところが1か所あり
気になったので建築会社には直すように伝えましたが
もちろん証拠写真として残しておきました

後で聞いたらその間柱は仮どめと言われ後でなおす予定だったと
言われちゃんとなおしてくれました

何千万ものお金を払うわけですから
遠慮はしないで気になることはどんどん聞いています


PR



ブログを読み終わりましたら読み終わりましたよ~の印に
どれかひとつクリックしていただけると嬉しいです



関連記事
住宅の布基礎の配筋工事
住宅の基礎のコンクリート打設
カテゴリ :建築現場施工 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫