リビングダイニングの照明の配置が失敗

リビングダイニングの照明の配置が失敗

家を建てる時に図面やサンプルを見ながら
実際に家を建てた後のイメージを想像して
家づくりをすすめるわけですが
楽しい作業ではあるもののこうすれば良かったなどの失敗があり
難しいことだと家を建てた後につくづく感じます

PR


図面上ではイメージがしにくかったことのうちのひとつに
LDKの照明の配置があります

リビングダイニングは家にいる時に
一番長く過ごす空間だけに
照明選びも大事ですがその配置が難しいと思いました

わが家の失敗例をご紹介したいと思います


PR


わが家はリビングとダイニングの中心にシーリングライトがあり
ダイニングキッチンの照明は
ダクトレールを配置してペンダントライトにしたのですが
シーリングライトとダクトレールの位置が近すぎたことが失敗でした

LDKshoumeiiti2.jpg

ダイニングキッチンの上はペンダントライトを配置するという
固定観念があったことが失敗の原因だったと思います

家を建てた後に気づいたのですが
ダクトレールをキッチンとダイニングの間に配置した方が
見た目も良かったと思います

そしてそこに配置することで
キッチンのシンク周りが暗くなるのではないかと
プランニングの際に工務店から言われ
キッチンの手元灯を1つ追加しのたですが
最初からそこに配置すればキッチンの手元灯は不要だったと
思います

図面上で見るとこんなイメージです

shoumeihaitizumen2.jpg

でも、これがもっと広い空間でそれぞれが離れた位置にあれば
失敗したと思わずにまたよかったのかもしれませんが
わが家の場合は狭い空間にダクトレールとシーリングライトを
配置したことが失敗だったんだと思います

例えばダウンライトだったら近い位置に照明を配置しても失敗したと思うことは
なさそうです

最近の住宅の照明はダウンライトをたくさん使った家を多く見かけますよね

ダウンライトの配置は位置をそろえることで
上から見た時にきれいに見えると言われていますが
配置の仕方も真ん中に4つ重点的に配置したり
周りに等間隔に配置したりとその配置の仕方で
部屋の雰囲気が変わったりしますし
部屋の広さによって照明の明るさも考えないといけないので
家を建てる前にいろいろと想像することは難しいなと思います

わが家はリビングにダウンライトを配置していますが
リビングダイニングに取り付けたいシーリングライトがあったので
旦那に取付してもらったのですが
照明選びは気に入ったものにしたので満足はしているものの
照明の配置が失敗だったので勉強不足でした

こういった失敗を防ぐためには
いろいろな住宅を見ることが大事だと思います

家を建てる前に完成見学会を見てきたつもりですが
照明の配置や上から見た時に照明がどう見えるかまでは
私はあまり気にしていませんでした

家を建てる前にそういった細かいところまでもっと勉強しておくことが
家づくりの成功の近道なんじゃないかなと思います


読んでいただいた印に読みましたよ~クリックよろしくお願いします(*^_^*)




合わせて読みたい記事
LED照明 新築一戸建ての照明器具選び
新築のキッチン手元灯は失敗?
新築住宅の結露対策
カテゴリ :照明 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫