新築注文住宅契約前に確認すること~住宅完成保証制度~

新築注文住宅契約前に確認すること~住宅完成保証制度~

新築注文住宅を契約する前に確認しておいたほうがいいこととして
住宅完成保証制度に住宅建築業者がはいっているかどうかが大事です

住宅完成保証制度とは建築中に建築業者が万が一倒産した場合に
最小限の追加負担で工事を引き継ぎ住宅を完成してくれる制度のことです

これは住宅保証機構が行っており
条件としては住宅建築業者が
一定の審査を受けてクリアし
住宅保証機構に登録していなければなりません

審査を受けてクリアしているわけですから
経営状況があまりよくないところは
審査に通らないと思いますので

やはり入っていたほうが
お客の立場からすると安心できますよね

ちなみに我が家の契約した住宅建築業者さんは
はいっていませんでした

契約前からはいっていないことは聞いていましたが
建築中、倒産はしないから大丈夫ですよと言われましたが
大きなお買いものなので建築中は心配でした


スポンサーリンク



もうひとつ検討していたローコストメーカーも
この住宅完成保証制度にはいっていなかったので
はいっているほうが安心できるので
契約前に確認しておき
できれば住宅完成保証制度にはいっている建築業者のほうが
安心かと思います

我が家は結果的に契約した建築会社は倒産せずに
無事にマイホームを建てれたわけですが
もしものことを考えるとはいっていないと心配ですね

参考になる狭小住宅、一戸建てブログがたくさん見れます




インテリア、雑貨についてのブログがたくさん見れます


その他にこんな記事も書いています
新築注文住宅をどの会社で契約するかの判断基準
新築注文住宅契約前に確認すること~支払い時期~
カテゴリ :確認事項 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫