新築してからわかる子供の勉強スタディスペース

新築してからわかる子供の勉強スタディスペース

みなさんは新築する時に子供の勉強部屋、スタディコーナーはつくる予定ですか?


スポンサーリンク




私たちが完成見学会を見に行った時にリビングの一角の角に
スタディコーナーをつくっているお宅を見ました

案内してくれた営業マンのかたが小さいお子さんが2人いるお宅で
ここは「子供さんのスタディコーナーですよ」と
案内してくれて、カウンター式の造り付けの勉強机がそこにはおいてありました

そのお宅は新築した狭い我が家と比べて約2倍の敷地でしたので
リビングの一角に勉強部屋のスペースを最初からつくっていました

我が家はそれほど広い敷地でもないですし
子供がどこで勉強するかわからないので
いざ子供が勉強する時にLDで勉強したいけれど
ダイニングテーブルではしたがらないようなら
圧迫感のない奥行き45センチくらいの机を買って
勉強する場所は子供に決めさせようかなと思っています

4歳の娘はひらがなの練習をしたり、お絵かきをしたりしますが
新築してからはダイニングテーブルでするのかと思ったら
片づけてなにもなくても「ここは食べる場所だからしない」と言って
そこではしないでリビングのローテーブルですることが多いです

だから子供が小学生になって勉強するようになったら
親がここでするだろうと思っていても意外と子供は
違う場所で勉強したがるのかなと思っています

子供が勉強する場所は小学生のうちは特に子供部屋よりも
LDで勉強するほうが多いと聞ききます

テストなどで集中して勉強したい時はともかく宿題程度なら
一緒に勉強をみてあげたりしたいので
対面キッチンの我が家はLDのどの場所で勉強することになるのかなと
思います

でもいずれ子供は出ていくかもしれないので
最初から造り付けをつけてスタディコーナーをつくらずに
家具などで後からどうにでも
対応できるようにするほうが私は好きです


PR


また我が家は子供部屋はリビングのすぐ隣の部屋で6畳にして
リビングを通らないと子供部屋にいけない間取りにしました

それは子供との時間を大切にして家族団欒の時間をもちたかったからです

私が子どもの頃の子供部屋は4畳半でしたので
居心地が悪くもう少し広ければ良かったのにと思いましたが
居心地が悪い分、部屋に引きこもらずLDにいることが多かった気がします

LDにいることで、家族との会話が多かった気もするので
今考えると良かったなと思います

新築する際に図面ばかり見ていると実際に住んだ時の生活イメージが
わかりずらいですが子供がいる家族で新築する時は
そんなこともイメージしながら家族でよく話し合って考えておくことで
後でこうしておけば良かったと後悔することもなくいいかなと思いました


狭小住宅のブログが見れます


マイホームを建てた方のブログが見れます


関連記事
新築の玄関タイルの色選び
狭小住宅の間取り 2階リビング リビング階段
対面キッチンにして良かったこと
カテゴリ :間取り トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫