お金

住宅ローンで銀行引き落とし日に残高不足

住宅ローンはわが家はJAにしました

JAバンクに入金するのは引き落とし日の前日までに
入金していたのですが、先日入金することを
すっかり忘れていました

PR



普段の給料口座と違って
住宅ローンと公共料金の引き落としで
毎月の支払い分しかいれてなかったので
当日になってまだ入金していないことがわかり、焦りました

当日中に急いで銀行のATMに入金したら
通帳には自動引き落としされて
いったんマイナスになって記帳されたので
心配してJAに電話して聞いてみました

そしたら当日の朝一に引き落としがされるようで
当日中に入金はしたものの
通帳にはマイナスとして記載されていますが
定期預金もあるし、大丈夫ですよと言われて
ほっとしました

次回は絶対に忘れてはならないことなので
前日までに入金するように
気を付けないとだなと思いました

PR



ブログを読み終わりましたら読み終わりましたよ~の印に
どれかひとつクリックしていただけると嬉しいです


その他の記事
新築時に考えるリビングに置くテレビの大きさ
セリアの100均収納で小さなおもちゃ整理
子供部屋の天井クロス選び
カテゴリ :お金 トラックバック(-) コメント(-)

建物の固定資産税が新築後4年目から上がった理由

家を建てると土地と建物の固定資産税を
毎年、支払わないといけないですよね


PR


わが家は新築後4年目ですが建物の固定資産税額が上がりました

その理由は木造住宅の場合、新築してから3年間は
税額が減額されていたからです

固定資産納税通知書と一緒に課税明細書が
同封されてきますがそこに軽減等税額が記載されていました

その軽減税額を上乗せした金額が
本来、支払わなければならない金額で
新築後4年目に
建物の固定資産税額として上乗せされるので
だいたいの金額はそこでわかります

わが家の場合は新築した1年目に比べると
新築4年目からは約1.5倍に上がりました

お友達からは固定資産税額はいくらくらい?と
聞かれますが土地と建物の固定資産税額を合わせて
年間11万弱です

この金額が一般的に高いのか安いのかわかりませんが
これ以上高いとわが家にとっては高いなと感じます


PR



ブログを読み終わりましたら読み終わりましたよ~の印に
どれかひとつクリックしていただけると嬉しいです


その他の記事
ローコスト住宅に実際に住んで思うデメリットとは
住宅ローン繰り上げ返済のわが家の考え方
新築時に住宅ローンで失敗しない為のわが家の実例
カテゴリ :お金 トラックバック(-) コメント(-)

住宅購入時に手元に残す金額はいくら?

住宅購入時に頭金を多く出した場合は
住宅ローンの返済金額が少なくなりますが
あまりにも頭金を多くだしすぎると
手元に残す金額が
少なくなりすぎてしまうのでそれも心配ですよね

そこで住宅購入時に手元に残す金額は
いくらくらい残したのかわが家の場合を
紹介したいと思います

PR


わが家の場合、手元に残した金額は
ズバリ200万くらいでした

家を購入後に夫が転職を希望していたので
それくらいはあったほうが安心だと思ったからです

そして実際に本当に家を購入してから
旦那は転職したのですがその転職期間中は
私の派遣のお仕事だけでしたので
当然、生活費は赤字でした

なのでこれくらいの金額を残しておいて
よかったと思うのが本音です

例え転職しなかったとしても
病気になるかもしれないし、会社からリストラされるかもしれないし
将来のことは誰も予測できないので
ある程度、手元に残しておくことで
心に余裕がもてると思います

一般的には生活費の半年から1年くらいは
最低限、手元に残しておいたほうがいいようですね


PR



ブログを読み終わりましたら読み終わりましたよ~の印に
どれかひとつクリックしていただけると嬉しいです


その他の記事
ローコスト住宅に実際に住んで思うデメリットとは
住宅ローン繰り上げ返済のわが家の考え方
新築時に住宅ローンで失敗しない為のわが家の実例
カテゴリ :お金 トラックバック(-) コメント(-)

住宅ローン繰り上げ返済のわが家の考え方

新築する時に住宅ローンは
旦那名義でボーナス返済なしで
旦那が60歳の時に完済するようにくみました


PR


住宅ローンを組むときは夫婦共働きで
私はフルタイム勤務の派遣社員でしたので
貯金が少しでもできたらどんどん繰り上げ返済をして
早めに住宅ローンを返済したほうが利息もあるし
借金がなくなるので気が楽だなと思っていました

それから新築住宅を購入してから
三年がすぎ、旦那は家を建てた後に転職をして
私はパートタイムの仕事に切り替えたので
以前ほど貯金ができなくなったので
今は繰り上げ返済なしで最初の予定していた返済期間で
住宅ローンを返すように考えが変わりました

そしてそのほうが実はお金が貯まりやすいと
テレビでも放送されているのを見て
ますますわが家の場合は繰り上げ返済はしない方向で
いくことにしました

わが家には園児の子供が一人いるのですが
これから成長するにしたがい教育費がかかる時に
手持ち資金があって住宅ローンを返していったほうが
教育ローンを借りるよりも安い金利で銀行がお金を
貸してくれるのでそのほうがお金が貯まるという理論を
テレビで放送していました

それに旦那名義で住宅ローンを借りていますが
万が一、返済中に旦那が亡くなった場合に
住宅ローンがなくなるメリットもありますしね

どちらが結局はお得なのかわからないけれど
今のところわが家は繰り上げ返済は考えていません

みなさんのおうちではどうでしょうか?

PR



ブログを読み終わったら是非、読みましたよ~というしるしに
どれかひとつクリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)

マイホームを建てた方のブログが見れます


狭小住宅のブログが見れます


インテリア、雑貨についてのブログがたくさん見れます


その他の記事
ステンレス物干しハンガーの比較
新築注文住宅で失敗したこと 窓の大きさや位置
新築する時の室内物干しの場所
カテゴリ :お金 トラックバック(-) コメント(-)

新築時に住宅ローンで失敗しない為のわが家の実例

新築する時に住宅の購入費用は現金一括という方もまれにいますが
ほとんどのかたは何十年かの住宅ローンを組んで
支払いしていく方が多いと思います

一般的な住宅ローン返済の目安は借り入れ限度額は年収5倍
頭金は建築費用の最低2割を用意しておくといいと言われています

でもこの住宅ローン返済の借り入れ限度額の計算って手取りではなく
税込年収なので余裕で返せる金額ではないかなと私は感じます

私たちの場合は土地がなかったので土地代金+家の建築費用のうち
土地代金はすべて現金にして
住宅の建築費用は銀行から借り入れをすることにしました

わが家の場合は家を建てる前から
旦那が仕事を転職したい希望があったのですが
転職してすぐには住宅ローンの借り入れができないので
住宅ローンを使うわが家にとっては家を建てられないので
転職前に家を建てました

そして家を建ててから約2年後に旦那が転職しました

旦那の転職期間中3ヶ月間は
私のフルタイムの派遣のお給料で生活していかないといけないので
この時に無理に住宅ローンの返済を組まなくて良かったと思いました

住宅の建築費用は人それぞれだと思いますが
わが家はローコスト住宅なので
遮音性が悪いとか断熱性があまりないような気がするという点は
不満ですがそれ以外は設備は標準仕様で満足だし
なによりも今後、例えば病気になったり
わが家のように転職をしたりした時に
住宅ローンが無理なく返済できることが一番大事だと思いました


PR


また子供のありなしでも変わってくると思います

わが家の場合は今は子供がまだ小さいので
それほど子供の教育費がかかりませんが
これから子供が成長するにつれて子供の学費がかかって
お金がかかる時期になった時に
住宅ローンの返済も重なるので
今は余裕があっても
今後も無事に家のローンを返していけることを願っています


PR


読んでいただいた印に読みましたよ~のクリックを
いずれかよろしくお願いします(*^_^*)






合わせて読みたい記事
ローコスト住宅に実際に住んで思うデメリットとは
対面キッチンの奥行き寸法
キッチンシンクの洗剤をおしゃれなディスペンサーに入れ替え
カテゴリ :お金 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫