家づくり

家を建てる時の夫との好みの違い

みなさんは家を建てる時の夫との好みの違いはありましたか?

多分、夫婦間ですべて好みが一緒ということはないんじゃないかなと
思います

PR


わが家の場合でいくと
夫はシンプルモダンのかっこいい系の住宅が好みで
私はかわいい感じのナチュラルなカントリー調が好みです

どちらか一方だけの意見をすべて優先してしまうと片方が面白くないと
思うので、我が家は場所ごとにそれぞれの好みを取り入れることにしました

外観と寝室は夫の好みにしたのでかっこいい感じに仕上がっていると思います

LDKと洗面脱衣室、お風呂は私好みにしました

LDKはナチュラルカントリー調っぽい雰囲気にしました

どんなものが好みなのかは
おしゃれなナチュラルカントリーの部屋にしたいで書いています

洗面脱衣室とお風呂はピンク系にしてかわいい感じにしました

夫はシンプルモダンなインテリアにしたいと
漠然としたイメージはあるのですが
かといってこういうのがいいという
はっきりとした好みがあるわけではないので
私がイメージを聞いてこの中だったらどれが好み?と聞いて
選ばせるような感じです

どんな寝室のインテリアにしたのかは
画像つきでのせているので
寝室のインテリアはおしゃれなシンプルインテリアを目指す
ご覧くださいね

一緒に住んでいくわけだから
それぞれの二人の意見を取り入れたほうが
家に対して愛着がわくかなと思います


PR



ブログを読み終わったら是非、読みましたよ~というしるしに
クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)



その他の記事
新築住宅の電話配線の位置の失敗
家の周りは砂利は失敗 コンクリートにすれば良かったと後悔
新築注文住宅、郵便ポストの取付場所の後悔
カテゴリ :家づくり トラックバック(-) コメント(-)

ローコストとハウスメーカーで家を建てた場合の違い

ローコストとハウスメーカーで家を建てた場合の違いを
私が思うことを書きたいと思います

まず大手ハウスメーカーで家を建てた場合のメリットで
まず思いつくのは家を建てた後のアフターサービスがあることです

PR



私たちが家を建てた工務店はローコストだからなのか
二年点検とかのアフターサービスがないです

定期的に家を訪問して住み心地はどうですか?
みたいなアフターサービスはローコスト住宅にはないです

そういったアフターサービスはありませんが
家を建ててすぐにバルコニーの物干し竿をつけてもらったり
システムキッチンにアルカリイオン水をつけてもらったり
フローリングに物を落として軽くへこませてしまった時に
工務店に電話したら対処はしてくれました

そういえば見積もりをだしてもらった最後3社全てが
ローコストメーカーだったからなのか
アフターサービスはありますか?と聞いた時にどこもないと
いっていたなと思います

私が某大手ハウスメーカーに勤務していた時は
家を建てた後もちゃんとアフターサービスがあって
住み心地はどうですか?といって定期的に訪問して対処していたことを
思い出しました

それから建築中に万が一、会社が倒産した場合に
私が検討していたローコストメーカー3社とも
住宅完成保証制度がありませんでした

詳しくは新築注文住宅契約前に確認すること~住宅完成保証制度~
ご覧くださいね

私が勤めていた某大手ハウスメーカーは
住宅完成保証制度があったので、もし建築中に会社が倒産したら・・・
という心配はなく建築できたと思います

また大手ハウスメーカーで建てるメリットで思いつくことは
そこにしかない構造などの特徴があることだと思います

そういった面も含めてローコストメーカーと比べて
大手ハウスメーカーは家の金額が高くなるのかなと思いました

お金があったら大手ハウスメーカーで
家を建てることもいいかなとは思いますが
わが家は一般家庭なので住宅ローンを無理なく返済できる
ローコストメーカーを選んでよかったなと思っています

PR



その他の住宅記事
ローコスト住宅にして良かったこと
家を建てる前も建てた後も100均で通販生活
自分に合ったシステムキッチンの高さ

ブログを読み終わったら是非、読みましたよ~というしるしに
クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)



カテゴリ :家づくり トラックバック(-) コメント(-)

1階と2階の温度差 寒さ対策

新築一戸建てに住んで1年が過ぎました

わが家の間取りは2階がLDK、子供部屋、トイレ
1階が寝室、水回り(浴室、洗面所)、トイレという間取りなので
家にいる時は2階でほとんど過ごしています

PR


今は子供が小さいので2階の将来の子供部屋でみんなで寝ているので
1階の寝室は収納だけ使っていて部屋は使っていないので
お風呂に入る時と出かける時だけ
1階に下りるわけですが冬場は1階がすごく寒いです

2階は暖房をつけているので1階と2階の温度差がかなりあるように感じます

1階はすごく寒いので、将来、1階の寝室を使う時に
夏場は涼しくていいけれど冬場はすごく寒いから
暖房費がかかりそうだよねと話しています

新築する時に1階は床暖房を設置すれば良かったかなと
後悔するほどです

冬場はお風呂を沸かす前に
脱衣所のストーブをつけて脱衣所を暖めているのですが
階段は寒いので温かい空気は上から下にあがるので
階段下にストーブをつけて寒さ対策をしようと思っています

高気密高断熱とか家の性能があがっているから
新築一戸建ての今の住宅は
そんなに温度差がないように思っていましたが
わが家は違うので旦那とローコスト住宅だから
仕方がないのかなと話しています

PR



ブログを読み終わりましたら読みましたよ~という印に
クリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)



その他の記事
新築一戸建ての暖房器具の設置場所の失敗
ルーター収納家具を購入して配線をすっきり整理
新築注文住宅で失敗したこと 窓の大きさや位置
カテゴリ :家づくり トラックバック(-) コメント(-)

新築のフローリングの床と建具の色選び

新築注文住宅を検討する時にフローリングの床の色選びは
最初からイメージしていたのですぐに決まりました

PR


我が家の場合は、1階の寝室は落ち着いた雰囲気にしたかったのと
シックでモダンが好きな旦那の趣味に合わせて
フローリングの床の色はダークブラウンにしました

furoringudark2.jpg

画像で見るよりも実際はもう少し暗めのブラウンです

ちなみにダークブラウンのフローリングの色は寝室のみに使い
他はすべてナチュラルな明るい色を選びました

furoringuakarume2.jpg

1階の廊下と寝室の部屋のフローリングは
全てダークブラウンにして統一しても良かったのですが
明るい雰囲気にしたかったので
ナチュラルな明るい色のフローリングを選びました

寝室のフローリングの色はダークブラウンにすると
白っぽいほこりや傷が目立ちやすいデメリットがありますが
イメージ重視にしました

建具は廊下がナチュラル色で
寝室がダークブラウンのフローリングの色だと
どちらかの色に合わせると
合わない部屋がでてくるのでホワイトビーチという白っぽい
建具にしました

2階のリビングや子供部屋は明るい雰囲気にしたかったので
ナチュラルな明るい色にしました

明るい雰囲気ですと白っぽいフローリング色もあったのですが
汚れが目立つと思い選びませんでした

2階の建具は全てナチュラルな色を選びフローリングの色と合わせました

ナチュラルな明るい色を選ぶと
部屋全体が広く見えるし明るい雰囲気になる一方
髪の毛が落ちているとすごく目立ちます

私も娘も長い髪なので長い髪の毛が毎日のように落ちているので
旦那がよく髪の毛を集めてひろっています

でも髪の毛が落ちているのを見ることで
掃除機をかけてマメに掃除しないとと
思うのである意味いいかもしれないなと思っています


PR



ブログを読み終わったら是非、読みましたよ~というしるしに
どれかひとつクリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)




その他の記事
新築の玄関タイルの色選び
新築注文住宅、郵便ポストの取付場所の後悔
カテゴリ :家づくり トラックバック(-) コメント(-)

ローコスト住宅にして良かったこと

ローコスト住宅にして良かったと思うことは
建物の価格が安かったので月々の返済が安く
無理なく返済できるという点が一番の魅力です

もともと私自身、昔は住宅展示場に
勤めていたこともあって
お客さんの建てた家を見てきたので
昔から持ち家願望はあったのですが
いい家はそれなりにやはり高いということ

お客さんが実際に建てた住宅を見ることができる完成見学会で
素敵だな、モデルハウスみたいに豪華だなと思う住宅は
やっぱりそれなりに価格が高いです

スポンサーリンク



でも無理をして住宅だけにお金をかけすぎると
住宅ローンの返済に全力投資をする人生になってしまうのも嫌だなと思います

外食や旅行もたまにはしたい
子供がいるので将来の教育費も考えていかないといけない

これからは年金が将来あるかどうかわからない時代なので
老後の生活費として貯金もある程度していかないといけない

そう考えると身の丈にあった暮らし、住宅を取得したいなと思い
ローコスト住宅を選びました

ローコスト住宅といってもお金をかけるべきところと
お金をかけないところをはっきり区別することで
自分たちが満足する家づくりができると思います


ローコスト住宅にすることで
建物の評価額も低いので価格が高い建物で建てた家よりも
固定資産税が安くなるメリットもあります

私のブログを見てローコスト住宅を
これから建てようと考えている人の参考にしていただければ幸いです


PR



ブログを読み終わったら是非、読みましたよ~というしるしに
どれかひとつクリックしてくれると嬉しいです(*^_^*)




その他の記事
住宅ローン返済の目安
新築注文住宅購入時の相見積もり
カテゴリ :家づくり トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫