住宅展示場

住宅展示場を見るポイント

住宅を建てようかなと考え始めたら
住宅展示場を見学するかたが多いと思います

元住宅展示場の案内をしていた私ですが
展示場を見るポイントとして
まずは自分たちが建てたい住宅はどんな住宅なのか
予算や工法などを地元の住宅雑誌で少し勉強してから行った方が
無駄足にならないと思います

PR



豪華な展示場を見るのも目の保養にはなるかと思いますが
実際に自分たちが建てられる住宅を見に行って
構造的な部分や設備面などを質問してメモしておくほうが
あとで参考になるからです

あまりたくさん見すぎると疲れますし
どこでどんな話を聞いたのか、たくさん見れば見るほどメモをとらない限り
忘れてしまうと思います

またキッチンやユニットバス、洗面所などの設備は
展示場においてあるものが
標準仕様かどうかを確認しておきたいところです

それはモデルハウスでは
豪華に見せるためにオプション商品を
展示している場合もあるからです

そして構造的な部分もハウスメーカーによって
それぞれ売りがあるかと思いますが
「売りはなんですか?」とお客さんに聞かれることも
ありましたので一番手っ取り早い方法ではないかなと思います

また展示場を見学する際には、必ずアンケートを書いて下さいと言われ
名前や住所、電話番号などを記入して下さいと言われるかと思います

記入した場合は突然のアポなしでの訪問や電話があるかと思いますので
そういった営業が嫌な場合は名前だけとか全部書かないほうが無難です

最初に会った営業マンが基本的には、あなたの担当者になりますので
知識がある営業の方に出会えるといいですね


PR



土地がなくて土地を探していることを伝えると
ハウスメーカーの営業マンが探してくれるので
自分たちで不動産業者などで探すよりもいろいろな情報が得られるので
是非探してもらいましょう

あるお客さまで土地だけの情報をもらい、建物は最後の最後で
違うメーカーさんで建てることになったお客様もいました
一生に一度の大きな買い物ですので後悔がないように
情報は多い方がいいです

基本的に私たちのような狭小住宅で予算が限られている場合は
住宅展示場よりも実際にお客様が建てた完成見学会を
何件かみてまわったほうが参考になりました

その他の住宅関連記事でこんな記事も書いています
住宅の完成見学会
新築の玄関タイルの色選び

参考になる狭小住宅のブログやマイホームを建てた方のブログが見れます



カテゴリ :住宅展示場 トラックバック(-) コメント(-)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫